オーナーズブログ

シルエットシェードと春の陽射し、&パーフェクトシルキー。

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。 みなさま、1週間ぶりの更新でございます。いかがお過ごしでしょうか。 前回復活して、さぁまた毎日更新か?と思わせておいて早1週間(笑)。 ただいま新しいスタッフ2名とともに次のステップへと日々奮闘中です。 もう少ししたら更新の頻度も上がる予定です。いや、決定です^^ 本日お届けしますのは、京都市内にお住まいをご新築のKさま。 とってもスタイリッシュでおしゃれなKさまご夫妻は、リビングの大きな窓の仕上げを ハンターダグラス社のシルエットシェードと、ナニック社のウッドブラインドの二択で 最後の最後までお悩みでした。 どちらもシンプルながらも美しく、素晴らしい質感を持った窓周りの人気アイテム。 どちらかがお部屋に合わない、ということはまったくありません。 決め手は、いよいよ完成という時に明らかになった、お部屋全体にあふれる光。 シルエットシェードで良かった、というお言葉を頂くことが出来ました。 目隠し、適度な遮熱性、風通し、そしてやわらかく取り入れられる陽射し。 そのすべてを下ろしたままの状態で1台で可能にしてしまうのは、やはり シルエットシェードならではの魅力です。 壁紙が貼られ、床の養生がめくられ、外の青テントが外されて初めて わかるお部屋の明るさ、広さ・・。 もし出来るのであれば、そういった状況を待ってでも、じっくりとお選び 頂いたほうがよい場合もあります。 もうひとつ背の高い窓には、ロールスクリーンを設置。こちらもシンプルさを 重視したセレクトで、お部屋をより広くみせ、フォーカルポイントをシルエット シェードに絞らせる効果をもたらしています。 Kさまのお住まいには、このほかに10ヶ所ほどの窓がありましたが、 ほかのほとんどをアルミブラインドで統一されました。これもある意味 シンプルの追求というこだわりですね。 せっかくですので。。。ブラインドというアイテムの持つ魅力をさらに発揮 できるよう、次世代型ブラインドと云われる「パーフェクトシルキー」を すべての窓でご採用頂きました。 (サイズの都合上、一部の小窓を除きます) これが、パーフェクトシルキーです。普通のブラインドと違う点は・・ お気づきいただけますでしょうか、コードを通すための穴が開いていません。 このため、普通のブラインドに比べ目隠しの効果が高く、羽根と羽根の 隙間もより少なくピッタリと閉まる感じになります。 近づいてみると、今までのものとの違いがよく分かります。 こういった階段周りなどでは、お昼間の日射を防いだり、外への光の漏れを 軽減したりという効果が期待出来ます。 通常のブラインドよりちょっと価格がお高めなのですが^^:、美しさと機能性を 考えるとじゅうぶん補って余りあるクオリティです。 今後、木製などほかのブラインドもこうした流れになっていくように思います。 Kさまには細部へのこだわり、あくまでシンプルに美しく、そして快適なくらし を楽しんでいただけるよう、本当に熱心にお付き合い頂きまして、とっても 素敵なインテリア空間を実現していただくことが出来ました。 この度は当店をご採用いただきまして、誠にありがとうございました! あらためましてブログランキングもよろしくお願いします。 下のバナーどれかひとつを押していって下さると嬉しいです! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さいね。 当店でお買い上げ頂いたお客様はお友達申請も歓迎です!