オーナーズブログ

グリーン&ホワイト「marimekko・ボットナ」のコンビネーションシェード

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。  本日の施工例も滋賀県のお客様、大津市内に素敵なお住まいをご新築 されましたMさま(イニシャルも前回と同じでした^^;)のご紹介です。  ポーチにはハンドメイドアイアンの門扉や、外灯のブラケットがレンガに 組み合わされて、これだけでもちょっと覗いてみたくなる素敵なファサード。   ちらっと覗いてみると、、庭先に面している窓にファブリックが・・・。  marimekkoのシアーファブリック「TUULI」のホワイトバージョンです!  お庭の芝や木と見事に調和し、窓辺が外壁のデザインになってますね。    実はこのお部屋、畳敷きの和室の地窓なのでした。  生地のひと幅にちょうどあと10cmほど足らなかったため、無地のコットン ファブリックをボーダーに継ぎ足してお作りしています。  ボイル地に白プリントという極めてシンプルなシェードの両端に細く、 やさしいベージュ色をプラス。  これだけでお部屋の雰囲気が和室に寄り添う感じがしますよね^^  そしてリビングには同じくマリメッコのシェードです。  1間半の大きな掃出窓に、ダブルシェードでお作りさせていただきました。  2枚ぶんの巾をそのまま切り落としてつなげるだけでは・・というMさまの ご要望にお答えすべく、加工所のアートケイさんにもご相談しながらのご提案。  グリーンとホワイト、色違いの2色を大胆にも柄を合わせておつなぎ してしまいました。  マリメッコのスクリーンプリントでは、深い味わいがある一方で、柄を つなぎ合わせるのは、至難の業。  しかも、そもそもこのデザインは連続性がなく正確なジョイントは できなくて当たり前なのです。  ですので生地の「運」と加工の「技」の双方が両立して初めて出来る というわけですが、今回は限りなく満点に近い仕上がりでした。  実のところ、ほっと一安心です^^;  さらに、柄をつなぐことにより足りなくなった両端をオレンジカラーで ボーダーにしています。  本来切り落とすはずの、生地端のデザイナー名などの表記はあえて 残して生地に取り入れてしまう、こちらもMさまのこだわりから生まれた すてきなスタイリングです^^  レースはリネン風のポリエステルウォッシャブル生地。ダブルにする ことで、大開口ながらお昼間の目隠しもバッチリです。  正面から見てみます。デザインの持つ魅力をすごく生かして いただきました。  こんなふうに少し下ろしてデザインを楽しんでいただけるのも、 シェードならではの魅力です。  Mさま、この度は素敵なインテリアのお手伝いをさせていただき まして、本当にありがとうございました! あらためましてブログランキングもよろしくお願いします。 下のバナーどれかひとつを押していって下さると嬉しいです! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さいね。 当店でお買い上げ頂いたお客様はお友達申請も歓迎です!