オーナーズブログ

teija bruhn のファブリックで北欧モダンスタイル

 京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。  行ってきましたカラコロ塾特別講演、字幕翻訳家の戸田奈津子さん。  映画好きならずとも楽しいお話てんこ盛りで、あっという間の90分、ずいぶん オーバーして約2時間近くも語っていただきました。  月に何本かは眠い目をこすってでも必ず映画を見るようにしているのですが、 今日はオールナイトで観ていたい気分です〜。  講演に出てきた中で、あれはまだ観てないし、これはもう一回観たいし、と もう脳内ラインナップが出来上がっており(笑)。  大人になると、たかが映画を観るのがこんなに難しいのかと思うほど時間が ありません。なのでいまや、しっかりスケジュール表に組み込んで、映画館に 足を運んだり、早く帰ってDVD観るなりしています。  みなさんも、仕事と同じように予定として組んでみるのはいかがですか?  さて、今日も施工例のご紹介です。  今回ご新築のお住まいでご採用いただきましたのは京都市内のMさま。  ボラスやシナマークなどスウェーデンのブランドでご活躍のデザイナー、 テイヤ・ブルーンさんのファブリックです。  わさびグリーンのPHランプにあわせて、ライトグリーンのプリント カーテンをアイレット(ハトメ)スタイルでお作りさせていただきました。    アイレットとは、ひもを通す穴のことですが、ハトメというのは日本語で 「鳩目」。鳩ぽっぽの目ん玉みたいだからそう言うんだそうです。  今回はステンレス仕上げのポールと組み合わせています。  レースはMさまのたっての希望で、シャープシェードにてお作りしました。  一般的にレース生地にシェイパーを入れるとそれが透けて見えてしまうので 敬遠されがちなのですが、これを逆手に取って、ひとつのスタイルとしてシル エットを楽しんでいただきました。    L型の窓にふたつとも同じスタイリング。こうして見ると、シャープさが 際立って、かえってスッキリ感が増したようにも思えますよね。    プリントカーテンはビーズタッセルでまとめておきます。こんな細かな こだわりが、全体のイメージに大きく関わってくるのです。    ダイニング横のお勉強スペースにはウッドブラインドを細めの板幅で。 シャープなモダンスタイルでありながら、あたたかみも残して、ミニマル すぎない快適なインテリアになりました。  テイヤブルーンの描くシンプルで柔らかさを持った数々のデザインは、 これまでにもこのブログでご紹介させていただきましたが、どれも普遍性を 持った美しさがあり、飽きがきません。  それを様々なファクターに組み合わせていくことで、より自分らしく、 心地よい暮らしが出来るよう、お手伝いさせていただければと思っています。  Mさま、ご紹介が遅くなってしまいましてすみません、引き続き次回も 続きますので、みなさまもどうぞお待ちくださいませ!    今日のブログ、面白かったと思われた方は、どうぞ下のボタンのどちらか ひとつ押していってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達リクエストも歓迎ですので、一言メッセージを添えてくださいね^^