オーナーズブログ

C&Cのサロン・コレクションでラグジュアリーインテリア。

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。 こんにちは、吉川です。5月は2回しかブログを書けませんでした。 楽しみにしてくださっている読者の皆様、お客様、ほんとにすみません。 ということは、もう6月です。 6月と言えば衣替えです。とっくに半袖着てますが(笑) それから6月1日からは建築確認申請の手続きが変わりますね。 合理的かつ実効性の高い、とのことですが、工事が円滑に進むことを 期待いたします。 道交法改正に伴う自転車の違反の厳罰化も話題を呼んでいますね。 イヤホンつけて音楽聴くのは、外部の音さえ聞こえていればセーフ、 だそうですが、京都府は元々条例で音量にかかわらずアウトなので、 処罰の程度は違えど、違法行為ではあります。まぁどっちにしろ危険 なのでやめておきましょう。 鮎釣りの解禁も6月1日でしたね。釣り、しませんが。(じゃぁ書くな) 吉野家の卵、6月1日からは持ち帰り出来ません。(コレは大事) では今日も施工例のご紹介です。 以前よりCBSOWMのカーテンや壁紙施工などでご愛顧いただいているSさま。 このたび、新築マンションのご購入を機に、カーテンをご用命いただきました。 ドレープ(厚地)はすべて英国Clarke & Clarke社の「Salon」コレクション。 http://www.clarke-clarke.co.uk/collection.php?hdnCollectionID=151 文字通り、サロンのようなラグジュアリー空間を演出するコーディネート ファブリックです。 まずはLDKを。 「Valerie」は縦のリピートがなんと138cmという織物です。2mほどの高さ の窓ですと、柄が1つ半ほどしか出てこないという大きさ。さすがに大迫力ですね。 (なにげに前回の続きで広角レンズ推しw) パープルをベースに、カスレのようなタッチで描かれた植物柄がとても リッチでハイセンスです。 薄地のほうは英国Villa Nova社の「Lou Lou」というシアーファブリック。 二重の組織になった特殊な織物で、縦に流れるゆらぎのラインが優雅です。 タッセルはマナテックスのジャクリーヌ。ベージュグレーの色合いが やさしいですね。 反対の角度から。 家具は神戸からお取り寄せされたというロイズ・アンティークス、偶然にも 入荷に立ち会えて、一緒に撮影させていただくことが出来ました。 こちらも英国アンティーク家具のリペア品で、あまりに素敵なマッチングです。 リビングから続く個室スペースは奥様のベッドルームに。ダブルシェード、 ベッドカバー、クッションをすべて同じく「Salon」コレクションのパープルの ラインからコーディネートさせていただきました。 シェードにピッタリの縦ストライプの織物で、キーカラーのパープルを織り 込んだ少しフォーキーな生地「Sablon」です。 薄地はリビングと同じにして空間に統一性を持たせています。 こちらにはロイズのビューロがやって来ておりました。素敵です~! 最後に、ご主人の書斎、兼ベッドルームです。 カーテンとシェードを同じ生地での組合せでお作りしました。 (エアコンの取付作業中のところをご無理言ってお撮りしています。) 厚地はやはりこれもC&Cの「Salon」コレクションから「Vendome」。 ブラックにゴールドの八角形を連続させた、ジオメトリックデザインです。 薄地はリビングと色違い、Villa Nova「Lou Lou」のシルバーグレー色です。 まさに、ダンディズム。カッコよく、それでいて品のあるモダンな空間になりました。 いかがでしたでしょうか。ひとつのコレクションのカタログから選ぶことで、 こんなにもバラエティでしかも統一性のあるコーディネートをお楽しみ頂けます。 みなさまにもぜひCBSOWMへお越しいただき、自分だけの組み合わせ、試してみて くださいませ。 Sさま、このたびもCBSOWMのカーテンをご採用いただきまして、 誠にありがとうございました! ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^