オーナーズブログ

切替スタイリングとシンプルインテリア

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。

こんにちは、CBSOWMの吉川です。

 毎年このシーズンに訪れる、国内ブランドの各見本帳の新作発表会ラッシュ。
7月を迎え、いよいよ今週と来週、残る4社で一段落です。

 その中の1社、フェデポリマーブルのブランド「federicco」のカーテンが
今日の施工例の主役。

 大阪市内の新築マンションをご購入のKさま、このブログを見て京都まで
訪ねて来ていただきました。ありがとうございます(^^)

 

 最近のマンションに多い、幅が5mほどの大開口で、梁の関係もあって
高さは一般的な2mの窓ですが、裾を別の色で切り替えることでうまく
アクセントをつけていただきました。

 生地はfedericcoの定番アイテム「サンクルー」。経と緯の糸が織りなす
シャンブレーの効果が、微妙なヒダの陰影で深みになっています。
 上に淡い色、下に濃い色を持ってくることで安定感が増し、高さも
感じられるようになりました。

 レースのほうも同じfedericcoブランドの「ピサ」。スペイン産のボイル
レースで、上質のガーゼのようなナチュラルな雰囲気がステキです。

 ダイニングの小窓には、木製ブラインドを。カーテンと合わせて
アイボリー系のシンプルな色でお選びいただきました。
 タチカワのフォレティアで、ブラインドの上部のメカにも天然木が
貼り付けられるようになり、このような浅いカーテンボックスで
本体が見えても違和感がないようになっています。

 さらに。リビングのレースの余り生地を使って、キッチンの小窓に
カフェカーテンをお作りしました。
 うまく生地の余りが出るときは、プラス加工費だけで、ちょっとした
コーディネートを楽しんでいただくことが出来ます。

 上飾りのように見えるのは、同じ生地を短く前につけただけ。
これを突っ張り棒に通してクシュクシュっと寄せると、こんな
ふうに可憐なフリルのできあがりです。
 フリルも本体も、裾はウーリーで仕上げて、より軽~い
スタイリングをご提案いたしました。

 寝室にご採用いただいたのは、マナトレーディングの最新
コレクション「Time」より「グアポ」です。

 この深ーく染み込んだようなブルーとグリーンの交じり合った
色、落ち着いた寝室にピッタリの美しいカーテンです。

 

 ウールツイードのような温かみのある織物ですが、ポリエステル製
なのでお洗濯もOKです。
 UPで見るとよく分かるこの雰囲気、実は近寄らずとも、遠目にも
この深みが効果的なのです。

 と、Kさまのシンプルながらも上質感にあふれたインテリア
ファブリックの数々、ご覧頂きました。
 やはり手にとって美しく温もりを感じる生地というのは
代えがたい魅力がありますね。
 スタイルのご提案もあわせて、気に入っていただけて何より
でした。

 Kさま、このたびは誠にありがとうございました! 

ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して
いってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ!
下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。
お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^