オーナーズブログ

ガストンダニエラの音符が踊るファブリック。

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。 こんにちは、CBSOWMの吉川です。  今日ご紹介いたしますのは京都市にご新築のSさまのインテリアです。  譜面台に置かれた楽譜と対を成すように窓辺を飾るファブリック、 濃紺のサイドボーダーが額縁のようにデザインを引き立てます。  ヴァイオリン奏者のSさまが、CBSOWMにご来店頂き巡り合われたのが スペインのブランド「ガストンダニエラ」のファブリック。  「これだ!」と、一目惚れいただき、ご新築時より特別に誂えられた 音楽室のシェードにご採用頂きました。  生地の幅1枚では窓には足りないのですが、ヒダを取るのでなく、絵画の ように平面で見たいというご要望より、両脇に無地を加えたサイドボーダー のスタイルでプレーンシェードをお作りしています。    「PENTAGRAMA」というデザインで、クラシックにまったく造詣のない ボクの目に見えるのはモーツアルトにチェンバロとピアノフォルテ・・・^^; ちんぷんかんぷんで情けないですが、なんとも雰囲気があっていいです!!  次回に続きます。 ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^