オーナーズブログ

カフェのあるおうちのコーディネート その6 和製の英国生地のある和室

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。

こんにちは、CBSOWMの吉川です。

カフェのあるおうちのコーディネート、今日はその最終回です(こんなに
長くなる予定では無かったのですがショーハウスストーリーにツラレテ
しまったのかもしれません^^;)。

前回までにご覧頂いたリビングとダイニング、その隣にある畳スペースに
目隠しのカフェカーテン、照明器具、そして折りたたみ式のローテーブルを
ご採用いただきました。

縦に並んだ窓に、少し目隠しをということでご提案させていただいたのが
京都の和紙屋さんの特殊な技術で作られたシアーファブリックです。

このシリーズは英国のアンドリュー・マーティンというブランドでも
正式に採用されたもので、日本の総代理店、チェルシーインターナショナル
さんがデザイン、開発されて京都で作られているという珍しいアイテムです。

ナチュラルな生地と和紙の素材感がマッチしてとてもステキです。

照明器具はエルックスさんの「TAKE-1」。本物の竹を用いた、
これも素材感が特徴の商品。
側面から竹を透過してぼんやりと漏れる光、そして抜けた上部は天井を
照らしてお部屋を明るくという機能的にも優れ、デザインも美しい
ペンダントライトです。

駆け足になりますが、プライベートルームもご紹介いたします。

まずはベッドルーム。星座が浮かぶ蓄光壁紙はOさまのリクエストで
すでに施工されていたもの。
 こちらに合わせてOさまのお好きなもう一つのカラー、「青」を
ファブリックに用いたコーディネートで、ベッド、テレビボード、
ドレッサーはニトリさんで揃えています。
 照明はODELIC。縁取りがクリスタルのカットグラス風で
とても品のあるシーリングライトです。

 カーテンは深く少し赤みを帯びた濃紺のクラシカルな柄。光沢が美しい
ジャガードです。
 レースはブルーとグリーンの交じり合うマルチカラーのストライプ入り
ボイル。タッセルも紺色で合わせました。

 代わって息子様のベッドルーム。モノトーンなインテリアという
ご希望をそのままズバリ。
 ベッド、パソコンデスク、ワークチェア、ローボードを、やはりニトリ
さんでコーディネートしています。

 遮光の黒いカーテンというと、なんだか真っ黒けの暗幕みたいな
ものが多いのですが、これはヨコにリブが入った織りが特徴で、シンプル
モダンに打って付けの人気アイテムです。

 

 小窓にはシルバーのブラインド。
 少し太めの羽根にすることで、よりシンプルさが増します。カーテンとの
コーディネートもですが、遮光という機能性にも配慮して、ブラックの
ラダーテープ仕様にいたしました。

 最後に、階段の小窓をご紹介しておしまいです。

 グリーンのリーフ柄がやさしいシアーファブリック。階段を通るときに
明るく癒やされる感じ、そして植物を置かなくてもその代わりを果たして
くれるような、そんなイメージでご提案させていただきました。

 いかがでしたでしょうか。いろんなイベント事が重なり、かなり長期に
渡る連載となってしまいましたが、トータルコーディネートをお任せ
いただいた事例の一つとしてご紹介いたしました。

 カーテンを買いに来られるときには内装や家具が揃ってしまっている
場合が多いかと思いますが、CBSOWMでは、インテリアコーディネーター、
二級建築士、窓装飾プランナー、ライティングコーディネーター(照明)
など、多岐にわたるエキスパートが揃っております。
 お探しものや、お困りごとの際にもぜひご相談くださいませ。

 遅くなりましたが、Oさまにはトータルでのご採用をいただきまして
誠にありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して
いってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ!
下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。
お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^