オーナーズブログ

Villa Novaの水彩画のようなファブリック「COSMOS」

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。 こんにちは、CBSOWMの吉川です。 前回に引き続きまして、今回もイギリスのファブリックブランド 「Villa Nova」をご紹介いたします。 京都市内のマンションにお住まいのAさま。 ずっとカーテンの掛け替えをお考えでしたが、なかなか気に入ったものに 巡り会えなかったとのこと、CBSOWMを訪れていただきようやく運命の出会いを 果たされました(^^) 手描きの水彩スケッチのような、やわらかなタッチのプリントは 「Cosmos」。 マンションでよく見受けられる幅の広い窓に、柄ゆきを押さえたり、 アクセントに色を添えたり出来る「切替カーテン」のスタイルでご提案 させていただきました。 ボーダーに使った生地は、同じVilla Novaの「Seville」。プリントと 同じコットン100%の生地で、なんと134色からお選びいただけます。 綿素材の透けたときの風合いが美しいですね。 お昼間の撮影のため、切替部分がすこし目立ちますが、柄部分に裏写り しないよう、濃いほう(無地部分)へ折り曲げて縫製しています。 国内のメーカー縫製だときっちり指示をしないとこんなふうにしてくれない ところもあったりするのですが、CBSOWMの提携工場ではわざわざ指示を 出さなくてもこうした配慮を当たり前にしてくれるのです。 横の壁面には縦長の小窓。 ここにはVilla Novaの同じ「Mariken」コレクションより「cosmos sheer」 というコーディネートシアーを、フロントレーススタイルでご採用いただき ました。 同じコレクションの同じ配色のシリーズの場合、こんなふうにプリントの 柄とシアーのマルチストライプの色が合うようになっています。 プリントと同じ窓にペアで使うのも良いのですが、今回は非常に陽射しの 強い方角ということで、大きい窓のレースには国産の遮熱糸を用いた生地を ご採用いただいています。 デザイン性と機能性の両立を考えて、異なる窓にコーディネートファブリックを 組合せました、というケース。これもとっても素敵な仕上がりになりました。 この「cosmos」の生地、6色展開の中の「Delphinium」、「ヒエンソウ」と いう名前の色です。 デザインはコスモスなのに、色名はヒエンソウ。ほかの色も、チェリー、 サフロン、シトロン、ベリー、スターフルーツ、と、すべて植物の名前が ついています。面白いですね。 どんな色?って見てみたくなった方はこちらでご覧くださいね(^O^) http://www.villanova.co.uk/collections/prints/mariken/cosmos Aさまには寝室にも色違いの「Cosmos sheer」をご採用いただきました。 長く出会えなかったお気に入りカーテンに巡りあうことができて、お部屋の 雰囲気も一新されたと、とても喜んでいただくことが出来ました。 Aさま、この度は誠にありがとうございました。 ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して いってくださいね! にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ! 下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。 お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^