オーナーズブログ

ブルックリン風インテリアにインディゴカラーのカーテン

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。

こんにちは、CBSOWMの吉川です。

このホームページのトップにも書いておりますが、リニューアルオープンに際し
2月のスケジュールがイカの通り決まりました。

3日(水)定休日
10日(水)定休日
12日(金)〜18日(木)改装のためお休み
19日(金)リニューアルオープン
24日(水)定休日

なお、オープン前日の午後3時から午後7時まで、ほんとにささやかなのですが
日頃のご愛顧への感謝と、リニューアルにご協力いただく業者やメーカーさんへの
感謝を込めまして、レセプションパーティを行います。

格式張ったものではなく、大層なお披露目会でもありません。招待状も要りません。

一般のお客様でも、インテリアや建築業界で直接お取引のない方も、ある方も、
またお近くや遠くの同業者さんでも、どなたでもまったく遠慮は要りません。
途中でフラ~っと覗いてス~っと帰っていただいてOKです。

正直なところ、そんなにお金もかけられない手作り感満載のリニューアル。
パーティと言っても、高級シャンパンとか出てきませんので、そっちに期待
しないでくださいね(^_^;)
くれぐれもお気遣いなく、手ぶらでブラブラとお立ち寄りください。

それでは今日も施工例のご紹介です。

オシャレなショップやカフェでは以前から取り入れられてきていましたが
一昨年くらいから急速に住宅にも広まりだしたヴィンテージスタイル。

アンティークやシャビーとは異なる、古材やレンガ、インダストリアルな
アイテムを盛り込んだ、カッコカワイイ系のブリックリンスタイルも
まさに旬なインテリアですね。

京都市内でリフォームをされましたM様。使い込まれた床材や、鉄部を
活かしたテーブルなどがヴィンテージ感たっぷり。
フロントにレースとバックにプリーツスクリーンという組合せでご採用
いただきました。

マナトレーディングのコレクション、Timeからのアイテムです。

どちらかと言うとブラインドやスクリーン系が似合うと思っていましたが、
カラフルなファブリックを取り入れて、ともすれば「男前」になりがちな
インテリアに柔らかさをプラス。
カーテンがあると暮らしに寄り添うスタイルへと馴染むんですね。

草木染めのインディゴのようなブルーから、パープル、ブラウンといった
濃色のグラデーションが陽射しに溶け込み、とても美しい色彩をお部屋に
もたらします。

窓枠内に納めたプリーツスクリーンは、「アップダウンスタイル」です。
下から上、だけではなく、上から下にもスクリーンが降りていくスグレモノ。

途中で止めると、こんなふうに上からの光を採り込んで、下は外からの目隠し
が出来ます。

別の角度から。閉めきった時、つまり夜のイメージはしっとりとした
ダークカラーのカーテンとして、また異なるイメージのインテリアに。

もちろんカーテンレールはシンプルなブラックのアイアンレールです。

プリーツスクリーンの昇降コードを通す穴も、ポツポツと連なる
アクセントデザインとして気に入っていただけました。
ザクっとした見た目に反して、ソフトな感触が心地よいファブリックです。

寝室にある出窓スペースのカーテンも掛け替えていただきました。

同じTimeコレクションから「グアポ」、そしてマナテックスの「リネッタ」の
組合せです。

ウールのような温かみのあるドレープがグアポ。そしてくしゃくしゃの
シワ加工を施したレースがリネッタです。
レースの吊元はギャザー仕立てでちょっとエレガントに寄せています。
このあたりはCBSOWMのコーディネーター、Kさんのアイデア。
「男前だけど女性らしく」という、難しいバランスをうまく提案させて
いただいております。

深いターコイズブルーと、リネンふうのグレージュのコーディネート、
素敵ですね。

お持ちのアイテムのセンスの良さそのままに、ぴったりなカーテンをお選び
いただいたMさま。このたびは誠にありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンのどちらかひとつ、押して
いってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

facebookをされている方はCBSOWMのフェイスブックページにも「いいね!」してくださいませ!
下の「Facebook」のボタンを押した後、CBSOWMのfacebookページにある「いいね!」ボタンを再度押して下さい。
お友達も歓迎ですので、一言メッセージを添えてリクエストしてくださいね^^