オーナーズブログ

北欧テキスタイルの定番「マラガ」と過ごす毎日

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。

こんにちは、CBSOWMの吉川です。

今日の施工例はお久しぶりの北欧テキスタイルの定番、ボラス社の「MALAGA」のご紹介です。

P1100505

京都市にお住まいのKさまご夫妻。

このCBSOWMブログでもご紹介させていただいたことのある同じイニシャルのKさまの

ご友人ということで当店を訪れて頂きました。

ご紹介で訪ねて来られるお客様が年々増え続けておりまして、ほんとうにありがたいことです。

 P1100516

ブラックを基調としたマラガは、一見クールでモダンではあるのですが、

ベージュやチャコールが絶妙のバランスで入っていますので、

とても暖かな印象。ただのモノトーンではないところがいいのです。

P1100519

かなり大きな窓ですので、腰窓には抑えとしてウッドブラインドでコーディネート。

マラガは大柄のデザインながらその独特の(良い意味で)とらえどころのない模様が

逆に無地っぽい地模様のように感じさせてくれるので、なにとでも合わせやすい不思議な

魅力を持っているのです。

フローリングや梁との色合わせもバッチリでした。

P1100511

レースカーテンは国産ですが、北欧系の某海外ブランドにも採用された実績のある美しいデザイン。

隣家が近い京都ではこのくらいの遮蔽性を好まれる方も多く、機能面とデザイン面を兼ね備えた

素晴らしいファブリックです。

Kさまも、窓の外がすぐお隣の玄関ということで、ご購入の前には生地見本を広げて屋外から

何度もご確認いただいてのご採用となりました。

 

P1100527

お2階の寝室には、同じマラガの色違い、こちらは淡いスカイブルーをアクセントに、

ベージュグレーやクリームを取り入れたナチュラルモダンなイメージです。

P1100530

こちらのレースはシンプルでコットンライクな無地。ドレープと合わせて、ヒダをつままない

フラットスタイルで仕上げています。

こんなふうにお仕立てすると、カーテン、というより、布=テキスタイル、という表現が似合う

やわらかなインテリア空間になります。

スウェーデンで生まれたロングセラーのデザインが長く愛されるのにも納得の、ずっと楽しんで

いただける素敵なお部屋になりました。

Kさま、この度はご採用いただきまして誠にありがとうございました!

またKさまにもご紹介をいただきましてあらためてお礼申し上げます。

どうぞ素敵なファブリックとともに楽しい毎日をお過ごし下さい。

 

 

ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンを押していってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ 

CBSOWMのハギレ市 開催中!!(1月8日まで)