オーナーズブログ

たくさん窓のあるおうちの北欧テイスト・ファブリックコーデ。

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。

こんにちは、CBSOWMの吉川です。

 

 今回ご紹介しますのは京都市内にご新築されましたSさまの北欧テイストなお部屋づくり。

まずはダイニングスペースからご覧ください。

P1110351

5つの窓のある2階のダイニングは吹き抜けた明るく開放感あふれる空間です。

窓の大きさから考えてもカーテンではなく、スクリーンやシェード系をご希望で、ご提案

させていただいたのがロールスクリーンのミックスカラーセッション。

P1110355

全部で3色のスクリーンはオフホワイトとオレンジの濃淡でグラデーションに配置。

もちろん、同じ大きさですので気分に合わせて並べ方を変えるのも自由です。

P1110353

当店ではプルコード式よりも売れる数が多いミニマルスタイル。

裾の部分が丸いバーではなく、ペッタンコなバーになり、グリップも

ワイヤーで出来たスッキリタイプです。

紐やチェーンがブラブラするのは苦手という方にはぜひオススメ。

ロールスクリーンの奥には、上げたときの目隠しとしてレースカーテンを

おつけしています。

P11110342

右上にダイニングのロールスクリーンが見えるでしょうか?

スキップフロアになったリビングがこちらです。天然木をふんだんに取り入れた、北欧の

おうちみたいな明るく開放的なお住まいで、バルコニーへはフラットでつながるウッドデッキ。

ここには木製ブラインドをご採用いただきました。

P1110337

TOSOベネウッドのアンティーク仕上げのスラット。ちょっとシャビーな

雰囲気で、色とりどりのファブリックとうまく調和していました。

P1110338

ブラインドのお隣には、Villa Novaのチェック&ストライプのコレクション

「Tisbury」からLEWISというデザインでプレーンシェードを。

vn

このコレクション、コットンやリネンを使った先染めの織物で作られた、まさにチェックとストライプだけ

が収録されており、レトロからモダンまで、さまざまな用途に大活躍なのです。

P1110335

木製ブラインドはウッドデッキへの出入り口ということで、

コードをすこし引くと自動で下までススーっと降りてくれるベネウッドタッチでのご採用。

これ、ひそかに便利です。

P1110358

その真反対側には畳が敷かれており、北欧風の素朴な感じと和のテイストがうまくミックス

されていますが、そこへご採用いただいたのがこちらのプリントファブリックです。

P1110361

イギリス・ハーレクインの「POD」。ブルー系とグレージュの混ざりあった

絶妙な配色の人気アイテムです。

北欧のブランドではありませんが、いかにも北欧デザインといった趣の

ファブリックで、壁に絵を掛ける感覚で、ここだけ柄物を取り入れて

頂きました。

この横の窓にもロールスクリーンを同じくミニマルスタイルでお付けして

いますが、このようにたくさん窓がある場合、すべてを一緒にするでもなく、

バラバラにするでもなく、色も何色か取り入れながら、要所にフォーカル

ポイントを設けていくことで、全体のバランスもよくなり、すべての窓に

意味が生じてくるのです。

 

機能性、デザイン、使いやすさ、統一感、いろんなファクターを「どれもが

素敵!」というレベルで揃えていくのはとてもむずかしいのですが、

CBSOWMではアイデアづくりのお手伝いをさせていただき、こんなふうに

楽しく過ごせるインテリアをご提案いたしますので、ぜひご相談くださいませ。

 

Sさまのセンスにも助けて頂きながら、とても楽しくお手伝いさせていただきました。

このたびはご採用いただきまして誠にありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンを押していってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ