オーナーズブログ

カーテンの掛け替えでイメージ一新 サクラとリーフのカーテン

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。

こんにちは、CBSOWMの吉川です。

本日ご紹介いたしますのは京都府下にお住まいのFさまのカーテンコーディネートです。

CBSOWMへ来られるお客様は、ご新築やリフォームをきっかけにカーテンをお考えの方ももちろん多いのですが、

ここ数年、「カーテンだけを掛け替えるために」訪れていただくお客様が増えています。

みなさま一様におっしゃるのが、「百貨店や量販店、ほかのカーテン屋さんではピンと来なかった」の一言。

これはオリジナリティを目指すセレクトショップとしてはとっても嬉しいわけですが、同時にハードルも上がってしまい、よりご満足いただける提案をさせていただかなくては!と緊張や不安もよぎるのでした。

そんな中、お客様のセンスにも助けられながら素敵なカーテンをお選び頂いていますので、今回もぜひご覧ください。

P1100086

グリーンに囲まれたダイニング。リビングと続きになっており、いたるところにお花や葉っぱが。

まるでお庭にいるような優しい空間です。

P1100109

ご採用いただいたカーテンは、CELESTAコレクションの「SPURUCE」。韓国製の刺繍生地です。

爽やかなミントグリーンに、幾重にも連なったリーフ柄が刺繍されており、かわいさもあり、凛とした感じもありの、ちょっと無い感じのファブリックです。

P1100112

光が当たるとシルバーで施された刺繍の柄が浮かび上がります。夜に見たほうがわかりやすいかも?

大きな窓が2つありますので、地模様のようなおとなしめの柄というリクエストも頂いておりました。

P1100087

レースは五洋インテックスのインハウスより「サマーヴィル」。トルコ製のナチュラルなボイルです。

螺旋状に描かれたグリーンの刺繍がこれまた周りのグリーンと調和してとてもいい感じです。

P1100092

さらに、リビングスペースの出窓には、イギリスVilla Novaより「ELVEDEN」。

リネン混のナチュラルなベースに、バードチェリー(エゾノウワミズザクラ・・というそうですが、つまりは桜の一種。)が描かれたプリントファブリックです。

P1100098

リネン特有の織り感が透けてみえて、やわらかな印象です。

出窓ということで、ダイニングと共通のレースですが、スカラップ・フリルスタイルでお納めしています。

柄ものレースでのスカラップもおしゃれですね。

P1100103

グリーンを基調に、ダイニングは地模様の無地ライクなデザイン、そしてリビングには思い切って華やかなお花柄を、モノトーンでお選び頂きました。

レースを共通にしてスタイルを変えることで、統一感を見せながら、動きのある楽しいお部屋に。

 

たくさんのアイデアを取り入れて頂き、カーテンでお部屋のイメージを一新するかたちになりました。

明るくて、癒される、ちょっとほかには無いカーテンコーディネートになったのではないでしょうか。

Fさま、このたびはご採用いただきまして誠にありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンを押していってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ