オーナーズブログ

カーテンのリメイク お引っ越し先で生まれ変わるMALAGA

京都のカーテンSHOP「シービーソウム」がお届けするインテリアブログです。

こんにちは、CBSOWMの吉川です。

今日ご紹介いたしますのは、京都市内でマンションからマンションへとお引越しされるMさま。

実は2014年11月にご採用頂いた際に、ブログでご案内しているのでした。

北欧の豊かな暮らしをファブリックで。ボラスのMALAGA&Villa Nova。

お引っ越しをされるとのことで当店にご相談にお越しいただき(もうその時点で感謝です!)

当時も担当させていただいた当店ICのKがお伺いしたところ、なんと以前のお部屋より窓の高さがかなり高い!

けれど、まだ2年しか経っていなくてもったいないし、何よりとても気に入っていただけていたことで、

リメイクでのプランをご提案させていただきました。

そしてお納めしたのがこちらです。

P1120183

高さが足りない分、boras cottonの「マラガ」の上の部分に無地の生地を足して切り替えています。

P1120192

無地はVilla novaのコレクション「SEVILLE」。コットン100%で、なんと134色のラインナップ。

マリメッコやボラスのファブリックと組み合わせるボーダーやフレームにはいつもこの生地をご提案しています。

大抵はここから思いの色が揃うのです(^^)

レースのほうももちろん足りませんので、こちらはスミノエの横ストライプでしたが、あえて無地を切り替えることで、ドレープとのコンビネーションを効かせています。

P1120187

まるでこのためにデザインしたかのように、ばっちり納まりました。

P1120199

マラガのブルーのお部屋にはもう1窓。ここは同じカーテンを揃えるのではなく、ロールスクリーンのブルーでコーディネートいたしました。

例えば国産カーテンの無地、よりもロールスクリーンの方が色を揃えやすいのはなぜでしょう??謎です(^^ゞ

P1120202

最後にご紹介しますのは、新規でお作りいただいた書斎のカーテン。

イギリスのScion、2016年新作のLohkoコレクションより「TETRA」です。

P1120206

こちらはプレーンシェードでのご採用です。

レトロなグラフィックデザインをコレクションした「Lohko」、すでにブログでもいくつもご紹介させていただいておりますが、

この「TETRA」もグリーンに、ピンクやグレー、そしてブラックを効かせたカラースキムが渋カワで絶妙ですね。

北欧のファブリックとも相性のいいこのシリーズはホントにオススメです。

 

Fさま、このたびもご用命いただきまして誠にありがとうございました!

お引っ越しの際などに、お手持ちのカーテンがもったいないという方、ぜひCBSOWMはご相談ください。

思いがけず素敵なカーテンに生まれ変わることもあるかもしれませんよ(^^)

 

ブログランキングに参加しています。どうぞ下のボタンを押していってくださいね!

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ