オーナーズブログ

リネンカーテンとマリメッコ デザインを楽しもう!

昨年、CBSOWMでもっとも注目度の高かったアイテムと言えば、やはりこのブランドでしょう。

「Lif/Lin(リフリン)」、麻素材100%のリネンカーテンです。

春には「リネンカーテンフェア」を行いまして、それ以来オーダーの途絶えない人気商品となっています。

 

こんにちは、CBSOWMのお送りするインテリアブログです。

今日は「Lif/Lin」を取り入れたスタイリッシュなインテリア施工例をご紹介いたします。

 

無垢フローリングの木目が美しいリビングに、アクセントカラーにネイビーカラーを加えた切替カーテン、そしてグレイッシュな木製ブラインドの組み合わせです。

窓はお部屋の両サイドにあり、横の壁には小窓が並びます。上と下の写真はその両端をそれぞれ写したもの。

下がダイニング側で、天井は吹き抜けてより明るさを感じさせる空間になっています。

リネンの柔らかい素材感が引き立ち、寒色系のカラースキムなのにとてもあたたかな印象のインテリアです。

リフリンの麻100%の生地を2色、真ん中より少し上で切替えて継いだカーテン。

全面が濃色だと暗いし、真っ白ではボケてしまう。。というときに、ちょっと色が欲しくなることありませんか?

なかなかそういうカーテンって見つけるのが難しいのですが、「ならば作ってしまえばイイ!」というのがオーダーカーテンの楽しさです。

レースはイギリスのブランド、Villa Novaの「cosmos sheer」。

グレー、アイボリー、ターコイズというマルチストライプのデザインです。

こちらもベースにリネン素材を40%以上使った、ナチュラルテイストのファブリック。

ポリエステル100%の形状記憶カーテンと違ってピシッっとしていません。だから、安らぐんですよね~。

ブラインドはTOSOより、ユーズドベージュというヴィンテージ風な塗装を施した木製ブラインド。

国産メーカーでも、比較的リーズナブルでオシャレなアイテムがどんどん出てきています。

ウォッシュ感のある仕上げもなかなかのもの。これはオススメです。

ところ変わって、玄関のシュークロークのスペースです。

こういう場所は無地を希望される方も多いのですが、お客様を出迎えたり、愛しい我が家に帰ってきたときなんかにアイキャッチとなるファブリックがあったりするとすごく素敵です。

「おうちの中でもっとデザインを楽しもう!」をモットーにしているCBSOWMとしては(いつから??w)こういう使い方をしていただけるとカーテン屋冥利に尽きます。

生地はマリメッコ、「 Puutarhurin Parhaat」。最高の庭師です。面白いカタチの野菜や植物がいっぱいで楽しい!

裏側をチラっとお見せしますと、カーテンの端っこに磁石が仕込んであるのがおわかりでしょうか?

タッセルで留めなくても、この磁石でちゃんと畳んだところで留まってくれる仕掛けをしています。

来客のないときなど、汚れが気になる場合に手軽に開けておけるのでとっても便利なのです。

 

シンプルだけど、色やデザインをインテリアにちょっと取り入れるだけで、空間は変わります。

そして、天然素材をふんだんに使ったおうちこそ、素材感や風合いを大切にしたカーテン選びをしていただくと、とても居心地良くお過ごしいただけます。

リネンやコットンのカーテンをお探しの方はぜひCBSOWMショールームを一度ご覧になってください。

ご採用いただきましたAさま、このたびは誠にありがとうございました!


_______________________________ i n f o r m a t i o n _________________________________________

2/21、インテリアコーディネーターの三宅利佳さんとトークライブを行います。

京都会場にて、デザイナーショーハウスでもコラボレートした「三宅利佳vs吉川信也」が復活。

インテリアコーディネート、ファブリックにまつわるお話を熱く(?)語り合います。

日時:2018年2月21日(水) 13:00~15:30頃まで

場所:ラボール京都  京都市中京区壬生仙念町30-2(西院駅北口徒歩3分)

参加費:8,500円

阪急西院駅近くの会議室をお借りして行います。定員は20名、お申込み先着順です。

一般の方、コーディネーターやデザイナーの方、カーテン屋さんや家具屋さんなど、どなたでもご参加いただけます。

お申込みは下記よリお早めに!

「えっインテリアコーディネーターが全国ツアーってどういうことー?!インテリアトークライブ2018」