オーナーズブログ

サイオンのカーテンでノルディックなキッズルーム

前回につづきまして、Tさまの施工例をご紹介いたします。今日はノルディックテイストなキッズルーム。

こんにちは、CBSOWMのインテリアブログです。

 

 そのまえに少し脱線。

 現在、CBSOWMのホームページでは「インテリアスタイル」や「取扱いブランド」を紹介したブログを、カテゴリー別にアクセスしていただけるよう再構築に取り掛かっています。

 ある程度の分類は出来ておりまして、ご覧頂いているのがパソコンでしたら、ブログの左側にあります「ブログカテゴリ」というのを下へ下へと降りていけばズララララ~ッと果てしなくいろんな言葉が出てきまして、そこをクリックすると関連するブログが出てきます。スマホでご覧の方は残念ながら見られません。

 で、これをもっとわかりやすくたどり着けるように作り替えておりまして、そうすると「ナチュラルなお部屋にしたい」とか「マリメッコばかり見てみたい」とか「ナニックのブラインドってどんなの」とか思ったときに、それに関連するブログが一覧で出て来るわけです。すごいですね♪

 ただ、このシステムにはひとつ、大きな課題がございまして・・・。

つまりはすべてをブログでの文章としてご紹介していますので、ブログを書かないとコンテンツとしては成り立たないし、内容もスカスカになってしまうということです(汗)

 と、そんな理由で施工例のご紹介ブログも、カテゴリーやブランド別にわかりやすく検索して読み返していただけるように、なるべく細分化してお伝えできればと考えています。

決してブログの本数を稼ごうという邪心からではありませんので(笑)、どうぞご理解くださいまして、楽しみにしていてください。

 

 では、Tさまのキッズルームです。

2部屋をひとつの空間にしたお部屋で、両サイドの壁にはターコイズブルーの鮮やかなアクセントクロス。

白い壁とブルーの壁に、コーディネートファブリックをご採用いただきました。

イギリスのブランド「SCION(サイオン)」より、「Lavende」コレクションです。

 

あらためて言うまでもなく、海外のファブリックはコーディネートされることを念頭にデザインされていますので、おなじコレクションからセレクトすれば自然とお部屋に馴染んだコーディネートを楽しんでいただけるようになっています。

北欧デザインをイメージしたコレクションで、シックなネイビーやマスタード、ターコイズなどをミックスした木々や波模様のデザインがとてもキュート。

子供っぽくなりすぎないカジュアルさで、お子様にも長くデザインと触れていただけるインテリアになりました。

レースカーテンも、プリントに合わせてフラット仕上げ、小窓なので裾の折返しが目立たないようショートヘムに仕上げています。

 

細かなウェーブが楽しいマルチカラー。HETSAというデザインです。フィンランド語っぽいですが、ごめんなさい、意味はお聞きしてなかった(・・;

 

対面のアクセントは、ターコイズではなくてミントグリーンの壁。

こちらのファブリックはCEDAR。もちろんシダーウッド(杉)のシダーかと思いますが・・ターコイズもミントも両方入っていてどちらの壁にもマッチングする奇跡。

そして何げにグレージュのような渋く上品な色が混じっているところが、もういかにも海外らしいセンスです。

ご興味の湧いた方は、イギリスでのscionのコレクションページをこちらでご覧いただけます。

https://www.stylelibrary.com/shop/fabric/levande-fabrics/

同じコレクションでも、カラー展開が異なるとまた違った雰囲気に。

例えば壁がピンクやオレンジのようなキッズルームでも同じデザインで色を合わせて楽しんでしまえるくらいのバリエーションがあります。

 

「子ども部屋だから何でもいいか。」ではなくて。

「子供部屋だからこそ!」夢いっぱいに想像力豊かな、素敵なお部屋にしてあげたい。

そんなふうにカーテン探しをしていらっしゃる方は、海外のファブリックにも注目されてはいかがでしょうか?

ご採用いただいたTさまもすごくセンスの良い住まいづくりをされており、その中で天然素材のカーテンや、デザイン性のあふれたカーテンを自然とお求めになられたのだと思います。

Tさま、このたびはどうもありがとうございました!

 

_______________________________ i n f o r m a t i o n _________________________________________

2/21、インテリアコーディネーターの三宅利佳さんとトークライブを行います。

京都会場にて、デザイナーショーハウスでもコラボレートした「三宅利佳vs吉川信也」が復活。

インテリアコーディネート、ファブリックにまつわるお話を熱く(?)語り合います。

日時:2018年2月21日(水) 13:00~15:30頃まで

場所:ラボール京都  京都市中京区壬生仙念町30-2(西院駅北口徒歩3分)

参加費:8,500円

阪急西院駅近くの会議室をお借りして行います。定員は20名、お申込み先着順です。

一般の方、コーディネーターやデザイナーの方、カーテン屋さんや家具屋さんなど、どなたでもご参加いただけます。

お申込みは下記よリお早めに!

「えっインテリアコーディネーターが全国ツアーってどういうことー?!インテリアトークライブ2018」