カーテンの選び方

カーテンの選び方について

「カーテンを選ぶ」と言っても、現在はカーテン以外にもさまざまなアイテムがあり、迷い出したらキリがないというのがお客様の本音のようです。ここでは、迷ったときにどうすればよいかのちょっとしたアドバイスをご紹介します。
なぜ、カーテンをつけるのでしょう?

窓をあしらうウィンドートリートメント選びは、まずその目的を明確にするところから始まります。
つまり、なぜカーテンをかけるのか?というのは、自分自身がどんなふうにそのお部屋で過ごすのかを考えることであり、突き詰めていくと、どんなライフスタイルで過ごしていくかを考えることにもつながっていきます。カーテンを選ぶ、インテリアにこだわることは、自分の暮らしを見つめなおすことでもあるのです。

 

banner_r1_c1
機能にこだわる
色にこだわる
テイストにこだわる

 

機能にこだわる

窓に何かをつけたい、と考えたとき、その目的は何でしょうか?
その答はひとつとは限りません。

  • 外から見られたくない
  • シックハウス対策をしたい
  • 紫外線を防ぎたい
  • センスのあるお部屋にしたい
  • 寒さをしのぎたい
  • 室外からの見た目をよくしたい
  • 明るい雰囲気にしたい
  • まぶしくて寝てられない

・・・考えると数え切れず出てきますが、どの部分を重視するかで選ぶ範囲はかなり絞り込むことができます。
中には2つの相反する希望が重なってしまうこともあることでしょう。

そんなときのためにも「これだけは譲れない!」という優先順位をある程度でも描いておけば、お店に相談するときも商品の長所・短所が
見えてきて判断しやすくなります。

 

機能にこだわる
機能にこだわる
機能にこだわる

 

素材にこだわる

 

最近カーテンをお買いになるお客様は、見た目や色以上に、手で触れてその感触、肌ざわりを重視される方がとても多くいらっしゃいます。

そのほとんどが生地の素材によって決まりますが、カーテンがどんな素材で作られているかは案外知られていないものです。

「もう少しざっくりした感じ」「とろんと落ちるようなやわらかさ」・・言葉では表現しにくい感覚をお店で生地やカタログをひっくり返しながら探す時間はお客様にとっても楽しいひとときかもしれません。

なにしろこれから何年も近くで過ごすカーテンです、毎日触れるカーテンの手触りを是非お店でご確認ください。

 

素材にこだわる
素材にこだわる
素材にこだわる

 

色にこだわる

 

カーテンがお部屋に占める面積は想像以上に大きく、時にはお部屋の印象をそれだけで支配してしまうことさえあります。

また、見た目だけでなく、睡眠や食欲に与える影響も実際に指摘されています。
たとえば、赤いカーテンのお部屋と青いカーテンのお部屋では体で感じる温度が3℃も違うというデータが示されたりもしています。

言うまでもなく、カーテンと壁や床、家具や小物とのコーディネートも重要。

当店ではクロスや床材のサンプルも常備し、お部屋のイメージを損ねることなくお好みの色を活かすご提案も行なっています。

 

色にこだわる
色にこだわる
色にこだわる

 

テイストにこだわる

 

お部屋の雰囲気をよくする最も大切なことは「調和」です。つまり「統一感」と「バランス」。

せっかくのシンプルモダンな真っ白な空間に、クラシックもどきの安っぽいデザインのカーテンが掛かるだけで、すべてが台無しです。

一方で、これはモダン、これはクラシックといったカテゴライズ・線引きも難しく、カタログに書かれたジャンル分けがすべてではありません。

洋室に和風テイストのデザインを加えてアジアンテイストに仕上げたり、シックなこげ茶のドレープと花柄のシースルーという異なるテイストを組み合わせて都会的なモダンを演出したりと、カーテンで出来ることはたくさんあります。

 

テイストにこだわる
テイストにこだわる
テイストにこだわる