オーナーズブログ

kinnasand「FARO」~よりシンプルにこだわって~

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 昨日から東京では「インテリアライフスタイル展」が開催されています。
残念ながらちょうど仕事が重なってしまい、機会を作れませんでした。
こういうのは無理を推してでも行くべきなんですけどね、関東方面にお住
まいの方は必ず訪れてみてください。きっといろんな意味で今の日本の
インテリアの向かっている方角が読み取れることと思います。

 ・・・では続きです。

288-1

 Tさまのご新居、リビングの反対側、キッチンスペースには玄関に向かって
二つの腰高窓。ここにはカウンターが設けてあり、グリーンを楽しめるように
なっています。このため、かさばらずすっきりしたものとのご意向より、
ウッドブラインドをチョイス。

 木製、というだけに一般的には窓の額縁に使われる木枠や、床面のフロー
リングに色をあわせることが多いのですが、今回は奥様が是非に!とおっしゃ
られた白になりました。窓枠よりもむしろ壁に合う感じで、キッチンパネルも
白ということもあり、まったく違和感なく収まっています。

 純白ではなく、ややソフトな色付けのされたホワイトですので、むしろ最高の
バランスになったのではないでしょうか?

 続いてお二階。やはり基本はシンプルでナチュラル、そしてちょっぴり
エレガントさを加えて。まずはご主人の書斎です。

288-2

 出窓にはダブルシェード、そして腰高窓にはカーテン、という組み合わせ。
ドレープには国産の遮光カーテン。半光沢が渋く決まっています。

288-3

288-4

そして主役はどちらかというとレース。こちらはドイツのkinnasand(シナサ
ンド)のシアーファブリック「FARO」。麻の素材感を生かした繊細な生地で、
透け感がランダムになっているため外からも見えにくく、室内にもちょっと
グラデーション風にやわらかく陽射しを取り入れます。

288-5

 そして寝室。こちらは似たような組み合わせですが、逆吊りの仕様。レー
スは現在のお住まいからお持ちいただきましたもので、今回それをベースに
逆吊り用の厚手をお探しいただきました。こちらも同じく鈍い光をはなつ
遮光性カーテン。逆吊りということで濃い目で風合いの優しいカーテンを
お選びいただきました。重ねても存在感のある、これもまたエレガントさ
を含んだシンプルなパターンの生地でした。

288-6

 階下に戻りまして、玄関脇のジャロジー窓。

288-7

透明ガラスのため、軽い感じでも少々の目隠しをとのことでしたので、
リビングと同じ「ILTA」でプレーンシェードを作成。
 この生地は実は腰高窓に使用したダブルシェードの生地の残った部分を
使っていますので、生地代不要でメカニックレールと加工賃のみでお作り
できました。

 余談ですがこういった無駄のない生地の使い方のご提案も、カーテンの
「専門店」だからこそ出来るワザです。皆様も是非参考していただけたらと
思います。

 素敵なご新居でどこもそれぞれに個性があって、それでいて統一感も
しっかりと感じられる、そんな理想の空間作りを完成されましたTさま。
毎日の暮らし、お子様の成長、ほんとに楽しみですね。
このたびはどうもありがとうごさいました。

 今日もお読みいただきありがとうございました。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ