オーナーズブログ

シェード+カーテン = ナチュラル+エレガント

こんにちは、京都発カーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
インテリアのブログです。

 今回は京都市に新築マンションご購入のS様のご新居をご紹介させて
いただきます。
 ひとつひとつのアイテム選び、生地選び、家具や内装とのコーディ
ネートをとても丁寧に選び取っていかれたS様、時間をかけられただけ
あって、とっても素敵な空間に仕上がりました。

290-1

 まずはメインのリビングダイニング。角部屋ということもあり、
素晴らしいロケーションです。これを最大限に生かしつつ、機能面
も優先させたいというご意向より、5mの間口を持つ大きな窓には
プレーンシェード+レースカーテンの組み合わせ。

 昼間はシェードをたくし上げて窓周りはスッキリ、日光が眩しい
時間帯は途中まで降ろされます。一方レースは、バルコニーへの
出入りを簡便にするため両開きのカーテン。ドレープをたっぷり
取って、見た目のエレガントさと目隠しなどの機能面を両立させ
ます。

290-2

 当初はすべてダブルシェードでという予定でしたが、様々な角度
から検証され、テラス窓はこのようなスタイルの組み合わせに。
もうひとつの小さい窓は腰高で出入りがないということから、同じ
生地の組み合わせでダブルシェードに。生地が共通でスタイルに
変化をもたせるというのも、とても美しいコーディネートになります。

290-3

 角度を変えて、全閉の状態です。
 リビングの一面の壁はエコカラットを装備。この質感や色にも
こだわって選んでおられて、カーテンとの組み合わせも素敵でした。

290-4

 寝室のほうもダブルシェード。ただしこちらは遮光生地とミラー
レースとの組み合わせ。リビングの明るくナチュラルなテイストと
あえて差別化されていますが、デザインもリビングは直線的、寝室
は曲線を用いたもので分けられ、かつどちらもシンプルなデザイン
が際立ちます。

290-5

こちらも壁面にはエコカラット。この何ともいえない色の組み合わせ
(写真の左側面)がお伝えしきれないのが残念。

290-6

 和室にはさらにシンプルにプリーツスクリーンを。カーテンレール
を撤去して壁面に取り付けていますので、シャープなラインと紙漉き
の風合いがバランスよく和テイストを引き出しています。

 照明や家具も1点ずつこだわって選ばれたとのことでしたが、もう
そろそろすべてが揃ってご新居での生活が始まっていらっしゃる頃
でしょうか。きっとさらに心地よい空間になっているに違いありま
せん。Sさま、どうもありがとうございました。

 今日もお読みいただきありがとうございました。

インテリアのブログランキングに参加しています。
皆様の応援のクリックをお待ちしております(下の「インテリアブログ」をクリック!お願いします)。

にほんブログ村 インテリアブログへ