オーナーズブログ

麻づかいのレースカーテン

 春らしくなってきました・・とはとても言えない寒さですね。
 今日お越しいただいたお客様も「外は寒いですよ~」とおっしゃっていましたが、
お子様たちは元気に店内でお絵かきしたり、かくれんぼしたり。
 仲の良いご家族を見ると、ほんとにホッと安らか気分になれます。

 今日ご紹介するのは、麻使いのカーテンをおふたつ。
綿やレーヨンに麻をミックスしたカーテンは、微妙な色合いや素材感が
とっても「やさしい」。

387-1

 上の写真はFEDE INTERNATIONALの「アンヴェルス」というカーテン。
 シアーカーテンと呼ばれる、少し厚めのレースです。今回撮影が夜に
なってしまったのが残念ですが、ここはマンションの最上階の14階。
 14階というのは京都ではここ最近ようやく普通になってきた高さで、
少し前では考えられませんでした。外を見ると案外たくさんの高い
建物がありますが、それでも周囲の山々が見えるのは本当に素敵です。

 そんな環境であれば、わざわざ分厚いカーテンをつけなくても、1枚で
大丈夫。そのかわりに、1枚でもじゅうぶん存在感のある、「デザインと
素材感」を大切にしたカーテンをお選びいただきました。

387-2

 麻のネップを活かしたナチュラルな風合いに、こげ茶のインクで描かれた
ようなかわいいお花、そしてシルエットのようにホワイト色で描かれた大きな
チューリップが折り重なっています。
 また、生地にはタテ方向にスリットが入っており、昼間はここから光が
差し込んでさらに美しさが引き立ちます。

 下の写真はリビング。こちらも同じFEDE社の「エグゼルマ」というカーテン。
 同じく麻を用いたレースで、テラスと腰窓にそれぞれカーテンとシェードを
ペアでコーディネートしました。こちらもチェックのスリットが入りますが、やはり
麻素材のため、そのラインは真っ直ぐにはなっていません。チェックのもつ
生真面目さがお嫌いという方も、このやわらかさは逆に魅力的かも。

387-3

 毎日、光と触れ合うレースだからこそ、素材にこだわって楽しみたいものですね。
飾らないシンプルライフが、ちょっと味わい深いものに変わっていきそうです。

ブログランキングに参加しています。
 

please click here →      thank you !