オーナーズブログ

トライバルデザインとタンジェリンオレンジのあったかいインテリア

3月に入って徐々に静かに地味にブログの更新が遅れてきました。

昨年、2017年は5月でプッツリと途絶えました。

2016年は3月で終了。

つまり2015年以来、年間通してブログを書けていないということにさっき気付きました。

(かといって、今年は○○!という種の発言はしませんwww)

こんにちは、CBSOWMのインテリアブログです。

今回ご紹介しますのは、京都にて天然素材のナチュラルな家づくりをされています「エビナ製材」さんでご新築されたEさまのカーテン施工例です。

エビナ製材さんは、材木屋さんを母体とした工務店なので、本物の良質の無垢材をふんだんに取り入れた、まさに木の香りのする家づくりをされています。

そんなお住まいに寄り添う上質で居心地の良いファブリック、窓装飾。

CBSOWMの扱う輸入ブランドを中心に、とても素敵なインテリアをしつらえていただきました。

まずはリビングダイニングです。

美しいサドルブラウンの革ソファ、ジオメトリック、トライバル、ブルーグリーン、エキゾチックなフラワー柄・・

どれもがヨーロッパから取り寄せたばかりのトレンドアイテム!と言わんばかりの「現在」を感じさせるクッション。

これらすべてEさまのお手持ちのもので、プロのコーディネーターであるはずのボクと担当させていただいたKの二人が裸足で逃げ出してしまいそうな、ハイセンスなご夫妻でした。

そこへご提案させていただきましたのが、イギリスのブランドVilla Novaのファブリック。

民族的デザインとモダンなカラーが組み合わさった刺繍柄の「Talisa」は Aymara というコレクションから。

コットン&リネンのベース生地に人気のシェブロンパターンを繊細な刺繍で表現しています。

オレンジ、グレー、スカイブルーの3色のそれぞれ濃淡、計6色の刺繍糸。アーシーなカラーがとってもイマ風です。

ソファに合わせた無地のレザータッセルも引き締め役として申し分のない存在感。

角度を変えて。細かいシェブロンですが、間隔の広い大胆なストライプであるのがわかります。

スツールもいちいち可愛いのです!

お部屋を特徴付けているのは、このタンジェリンオレンジのレース。

スイスの名門クリエーション・バウマンのSINFONIA(シンフォニア)です。

ニュアンスカラーの柔らかい色調をまるでコットンのような温かみで表現したポリエステルボイルで、色数はなんと64!

微妙は色合いをお探しの方はきっと見つかる定番レースです。

少し強い陽射しを浴びると、ドレープカーテンのリネンの質感も浮かび上がり、なんとも安らぎのある暖色に包まれます。

もちろん壁の珪藻土や無垢板の床があってのことと思いますが、色と素材感の力、こんなにあたたかい空間になるって本当にすごいです!

Eさまの素敵なインテリア、他のお部屋も楽しみですよね?

次回もご期待ください!